一番の口臭の原因と言われる歯周病

一番の口臭の原因と言われる歯周病

一番の口臭の原因と言われる歯周病

Q:朝昼晩と歯磨きしてますが口臭が取れません。
歯石はないのですが、それでもひどく臭います。
口臭の一番の原因ってなんでしょうか?

 

 

A 歯石が原因で口臭になる場合もありますが、口臭は他にも様々な原因でなる場合があります。まずみなさんの口臭がなぜ起こっているのは理由を正しく知り、対策を取っていただきたいですね。

 

意外と多くの人たちがなぜ口臭が起こっているのか正しい理解が出来ていないと言います。

 

口の中がパサパサしている、仕事でストレスを感じている、舌の表面が白いと言った人たちは生理的口臭である可能性があります。 唾液の抗菌作用によつて普段口臭というものは抑えられているものです。

 

本来口臭というものは誰にでもあるものです。寝て起きた後、お腹が空いている時など口臭が多く発生する理由は唾液の量が減少しているためです。

 

このような生理的口臭は決して病気と言うことではありませんので、ちょっとした口臭のケアをすることで改善することが出来ます。

 

しかし一方では口臭が病気が原因で起こる場合があります。虫歯や歯周病で口臭が起こると言うのならちょっとしたケアと言うことでなく、徹底的に治療をする必要があります。

 

歯周病の原因菌の多くは歯周ポケットに潜み、唾液や血液、または食べカスに含まれているタンパク質を分解して口臭を発生させることになります。虫歯でポッカリと穴が開いてしまえば、そこに食べかすが簡単に詰まるようになって、なかなかケアもうまくすることが出来せん。細菌が発酵して口臭を発することになります。

 

そして更には口臭は胃の中から起こる可能性も高いと言われています。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、更に胃がんで口臭が起こる可能性があります。胃炎、胃潰瘍の場合では、胃の中にたまった食べ物が発酵して、口臭が発生します。卵の腐ったような臭い特徴です。

 

十二指腸潰瘍でも息に混ざって腐卵臭が出ます。逆流性食道炎で口の中まで上がってくる刺激臭もかなり強烈です。胃がんにおいても血液中に取り込まれた臭い成分が、肺の空気交換によって口臭へと変化します。

 

胃に問題ある方はすぐにでもドクターに診断をしてもらってください。

ホーム RSS購読 サイトマップ