歯周病対策の歯磨き粉

歯周病対策のできる歯磨き粉

歯周病対策のできる歯磨き粉

歯周病になると口臭がきつくなるほかに歯の歯肉の炎症、歯の脱落などが起きます。
特に歯周病菌による口臭は強烈で人間が不快に感じる臭いの一つとされています。

 

歯周病対策を行うことで口腔内の健康や口臭予防を維持することができます。

 

歯周病対策のできる歯磨き粉とは?

最近この歯周病対策と口臭予防の両方ができる歯磨き粉として注目されているのがなた豆歯磨き粉です。

 

なた豆歯磨き粉に使用される「なた豆」とは子供の腕ほどにも成長する巨大な豆で、毒があるために若い鞘以外は食用とされていません。
しかし、このなた豆にはなた豆だけにしか含まれてない独自の成分であるコンカナバリンA、カナバニンという成分を含んでおり、これらが歯周病や口臭予防に効果を発揮するとされ、今非常に注目されているのです。

 

なた豆に含まれる独自成分

なた豆
なた豆に含まれる独自成分であるコンカナバリンA、カナバニンは排膿、抗炎症作用があるとされ、昔から漢方などで「膿み出しのくすり」として用いられてきました。

 

痔ろうや蓄膿、鼻炎など体の膿んでる部分や炎症を起こしてる部分に対して、抗炎症、排膿作用があるとしてお茶などで親しまれてきました。
(加工することで毒は消えます)

 

最近このなた豆の抗炎症、排膿作用が歯周病菌によって炎症や膿んでる部分にも効果があるとされ、一部の歯医者さんなどでも歯周病対策としてなた豆エキスを患者さんに使用するというケースも見られます。

 

実際になた豆歯磨き粉を使用すると朝の口臭が感じにくくなると言われるのは、普段唾液の分泌が減ることで睡眠時には唾液の自浄作用が減り、歯周病菌が増えることで口臭が発生するとされているのですが、
なた豆歯磨き粉を使用することで、これらの歯周病菌が減り、口臭が出にくくなると考えられています。

 

また、なた豆には体の免疫力を高める効果もあるとされ、唾液の自浄作用も高めるとも考えられています。

 

実際に蓄膿症や痔ろうの対策としてなた豆を使用した結果口臭が減ったということから、なた豆歯磨きが生産され始めました。
歯周病や口臭に悩むのであれば一度なた豆歯磨き粉を使ってみることをオススメします。

 

なた豆歯磨き粉の詳細はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ