歯周病の口臭をなくすには?

口臭をなくすには?

口臭をなくすには?

口臭をなくすには

・唾液による口腔内の自浄作用の向上
・口臭の原因である歯周病菌を抑える

ということが重要です。

 

これらの対策を行わないといくら歯磨きしても口臭が出てしまうという結果になってしまいます。

 

口腔内の自浄作用においてまず重要なのが唾液についてです。
唾液には殺菌や抗菌作用があるとされているほか、口腔内で発生した口臭を吸着して抑えるという効果もあります。

 

唾液がネバネバしてくるとこれらの作用が薄れてくるため、唾液がサラサラした状態が望ましいとされています。

 

また睡眠不足や体調不良、胃炎、風邪やインフルエンザなどの病気の際なども唾液や唾液の自浄作用が弱くなると言われています。

 

体調の悪化も口臭には影響してくるので体調管理も口臭対策には必要と言えます。

 

また、口臭をなくすには歯周病の改善は必須と言えます。

 

日本人の大半が歯周病菌を保持してると考えられており、誰でも歯周病のリスクはあります。
歯周病になると口臭がきつくなるほか、歯茎が膿んだようにジュクジュクになったり出血しやすくなります。

 

もちろんこれらの状態は歯周病菌が大量にいるわけで起こるため、これらの部位はかなり強烈なニオイを発する可能性もあります。

 

口臭を治したい人のためのおすすめ歯磨き粉

口臭をなくすために必要なのは唾液による自浄作用の向上、歯周病対策ですが、これらをしたい場合オススメなのがなた豆歯磨き粉です。

 

なた豆にはカナバニンコンカナバリンAと呼ばれる成分が含まれており、これらは排膿、抗炎症作用や、体の免疫機能を上げてくれるとして、なた豆の産地では漢方のように一部の人に親しまれています。

 

このなた豆に含まれるカナバニン、コンカナバリンAはなた豆にしか含まれない成分で、歯周病部分の改善や唾液の自浄作用を高めてくれると言われています。
実際になた豆エキスは一部の歯医者さんで歯周病対策として使用されていたりもします。

 

なた豆歯磨きを使うとわかりやすいのが朝の口臭です。
寝起きはもっとも口臭がキツイとされていますが、これは睡眠時に唾液の分泌が減り、歯周病菌が口腔内に増えるからです。

 

なた豆はこの歯周病菌によって引き起こされた口腔内の炎症や膿んでる部分へ作用する他、唾液そのものの自浄作用を高め、口の中で歯周病菌が住みにくい状況をつくることから、
口臭を抑えると考えられ、昔から口臭予防の薬としてお茶などで飲まれてきました。

 

>>なた豆歯磨き粉の詳細はこちら

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ