歯周病の改善

歯周病を改善すると口臭も改善されるのか?

歯周病を改善すると口臭も改善されるのか?

歯周病と口臭は深く関連しています。

 

歯周病とは歯周病という病気があるのではなく、
歯の周辺部位、つまり歯周の病気などの総称を指します。

 

歯周病になると、歯茎から出血したり、口臭が発生したり、
歯肉が赤く腫れる、朝起きると口がネバネバして口臭がキツくなるなどの
症状があらわれます。

 

口腔内は湿度、温度などといった環境が歯周病菌にとって住みやすく、
唾液などの自浄作用が弱かったりすると歯周病菌が大量に繁殖してしまいます。

 

歯周病の怖いところは自覚症状があまりないため、いつの間にか進行が進んでしまうことです。

 

歯周病が進行すると口臭だけでなく、歯の歯槽骨(歯を支える骨)が溶けてしまい、
歯が抜け落ちてしまう恐れもあることです。

 

当然このような状態に近づくにつれ口臭もそれだけキツくなってきます。

 

これらのことから口臭対策には必ず歯周病の改善が必要と言えます。

 

歯周病を改善するのに最近話題なのがなた豆を使用したお茶や歯磨き粉です。

 

なた豆にはコンカナバリンAやカナバニンと呼ばれる成分があり、これらの成分は
なた豆だけにしか含まれません(他のどの食品にもない成分です)

 

この二つの独自成分にはそれぞれ特徴があります。

 

コンカナバリンA

コンカナバリンAには免疫機能を向上させる作用があると言われており、
体の免疫機能を正常化すると考えられています。
口腔内の口臭発生菌を抑えるため体の自浄作用は必須とされており、
なた豆茶やなた豆歯磨き粉を使用すると朝口の中がスッキリすると
されているのはこれらの成分が何らかの作用をしてるものと考えられています。

 

なた豆茶を飲むとアレルギーやアレルギー性鼻炎なども改善されると言われており、
蓄膿症や鼻炎、アレルギーに悩む方からなた豆茶は多くの支持があります。

 

カナバニン

カナバニンには排膿、抗炎症作用や殺菌効果があるとされています。
口臭の主な原因とされる歯周病が多い部分は炎症や細菌により膿んでいる
部分が多く、歯周病菌に侵されると歯茎から出血しやすくなるのはこのためです。

 

カナバニンはこれらの部位を改善すると考えられており、歯周病対策として
一部の歯医者さんではなた豆から抽出されたエキスを
患者さんに対して治療後に塗布する場合もあるほどです。

ホーム RSS購読 サイトマップ