歯周病と口臭

歯周病と口臭〜歯磨きしても口臭が出る原因はコレ

歯周病と口臭、その改善法とは?

 

歯周病と口臭の関係は深く、歯周病になると口臭が発生しやすくなります。
歯周病と口臭
歯周病とは、そのような名前の病気ではなく、歯の周辺の疾患の総称を指します。
歯周病を起こす歯周病菌が増えると歯茎の腫れや、出血、歯槽骨が溶けるなどの現象が起こり、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

 

また歯周病菌が発生するガスなどで強烈な口臭が出てしまいます。
歯周病菌が発生するガス、つまり口臭の元となる臭いは強力で、人間が生理的に受け付けない悪臭のひとつとされています。

 

このようなことから歯周病対策と口臭の予防は密接な関係にあると言えます。
歯周病を放置したままで口臭はなかなか改善できないと考えるべきでしょう。

 

もちろん健康という意味でも歯周病の対策は必須と言えますが、口臭予防の観点からも
歯周病への対策は怠ってはいけません。

 

歯周病を改善するには?

口の中は湿度、温度、また食べ物の残りカスなど細菌にとって非常に過ごしやすい環境と言えます。
もちろん口の中には様々な細菌が住んでいるわけです。

 

歯周病菌にとって口の中はまさに快適な環境となっています。
歯磨きをしないとこの歯周病菌がどんどん増えてしまうわけです。

 

しかし歯磨きしても口臭がなくならないという人が多いのではないでしょうか?

 

実は歯周病菌は市販されている歯磨き粉の殺菌成分だけでは減らすことはなかなか難しいとされています。

 

歯周病の口臭にはなた豆歯磨きを

歯磨きしても口臭が消えない人向けの歯磨き粉がなた豆歯磨きです。
なた豆
なた豆歯磨きに含まれるなた豆には抗炎症、排膿作用があるとされ、昔から膿出しの薬として漢方などでも用いられてきました。
これらはまだ研究が進められていますが、なた豆だけに含まれる独自の成分であるコンカナバリンA、カナバニンが口臭の発生源である歯周病部分を改善してくれる効果があるとされ一部の歯医者さんでも使用されています。つまり口臭の根本原因を改善してくれる歯磨き粉として最近話題となってきている歯磨き粉です。

 

昔からなた豆は膿み出しのくすりとして、口臭、いぼ痔、蓄膿などの体の膿んだ部分をきれいにしてくれるとして、民間で親しまれてきました。
なた豆歯磨きを使用すると、朝起きた際の口の粘つきや口臭が減った、口の中がスッキリするといわれるのはこのなた豆成分が歯周病菌の住みにくい環境にしてくれるからと考えられています。

 

また、最近このなた豆のエキスを歯周病対策として患者さんに使用する歯医者さんも出てきています。
なた豆歯磨きの詳細はこちら

 

歯周病を放置すると危険

歯周病そのものは自覚症状がよほど進行しないとなかなかないため、
知らず知らずのうちに歯周病が進行してしまい、悪化している場合もあります。

 

もしは歯磨きをした際に血が歯茎から出たり、歯茎を押すと血が出る、またはその血がものすごいニオイがある場合は歯周病を疑いましょう。

 

また、歯間部分(歯と歯の間)は歯周病になりやすいために、これらの場所も歯周病菌の温床となっている場合があります。

 

これらの部位を歯間ブラシなどでこすった際に出血する、強烈なニオイがする場合も歯周病を患っていると考えた方がいいでしょう。

 

口臭を抑える意味でもこれらの部位への歯間ブラシなどによるブラッシングなどは適度に行いましょう
(あまりやりすぎると歯茎か後退してしまう場合もあるのでご注意を)

 

歯周病は自覚症状が初期、中期の場合は少ないので歯医者さんなどで、一度診察してもらうことをおすすめします。

 

歯医者さんによっては歯周病部分へ抗生物質などの薬剤やなた豆でできたエキスを塗布してくれる場合もあります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ